HOME > 転倒事故を防ぐ方法

転倒事故を防ぐ方法

転倒事故を防ぐ方法

靴を変える

 積雪で滑る場合には、靴を変えることが良いと思います。解けかけの状態であれば床を変えることでも対応できる場合があります。
 靴で対応する理由は、靴底が床に接しないため、床を変えても効果が発現しない。もしくは発現しにくいためです。

床に凹凸をつける

 物理的な突起で止める方法です。最大の特徴は、水で濡れた床と靴底の間にある水の上に乗らないこと。床全体と靴底全体が密着しないことです。欠点は凹凸の具合により裸足の場合、足裏が痛かったり、掃除がしにくいことです。

床と靴を吸いつける

 例えば、床全体が掃除機のように靴底を吸うようになっていれば、つるんと滑りにくいでしょう。床と靴に磁石を仕込めばぴたっとくっ付いてくれるでしょう。SGSのような穴に水を押し込んで吸着したような感触もこのグループに入ります。

床を張り替える

 例えば畳やフローリングが滑る場合に、カーペットに変えれば滑りにくくなるでしょう。

注意喚起する

 雨が降るたび、滑りますという注意喚起の看板を掲示することも一定の効果がある かもしれませんが、安全対策を施したことにはなりません。

視覚に訴える

 階段やスロープなど段鼻がどこか、どこからスロープにかわるのかを視覚でわかりやすく色を変えることは効果があります。特に緩やかなスロープになる折れ点は要注意です。

体を鍛える

 これは、自分自身を守るためにはよい心掛けかも知れませんが、これを強いる状態を放置してはいけないでしょう。

様々な方法で検討する必要があります。