GF

HOME > GF

グリップ・フィールド

GFは、透明樹脂と骨材で滑らない

GFは、骨材の引っかかりで滑らない

・GFは、滑るタイル・石・Pタイル・長尺シート・金属などに現場塗布します。
・GFは、透明な特殊アクリルシリコン樹脂を使用するので、床材の意匠を損ないません。


作業は、現場調合。ローラー塗りです。

gf作業
・作業は、塗装業者が塗装を行っているような作業風景です。
・有機溶剤のため、作業時の臭いは発生します。
・タイルの張り替え工事のようなはつりによる騒音、粉じん、廃棄物とは無縁です。


皮底の皮靴など乾いていても滑る床材に

gf
・透明なざらざらコーティングです。
・無数の小さな突起で滑りを止めます。

GFがよく採用される場所

・縞鋼板・グレーチング
  歩行を対象にした水で滑る場所
・階段
  商業施設、非常階段、駅など
・風除室など外と中の境目
  雨の水を引っ張ってくるような場所
・大浴場の脱衣場
  お風呂場のタイルはSGSで、脱衣場の樹脂系床材はGFでという使い分け
・商業施設、公共施設のウッドデッキ
  雨の日によく滑ります

GF標準作業の流れ

1.掃き掃除。壁などの養生テープ張りを行います。
2.液剤を塗ります。(2工程)
 <ワックス剥離や洗浄は別途です>

対象床材

 金属。タイル・石類。樹脂系、ハードウッド(木)などです。


ご注意

1.滑り止め目的のため、骨材を長期間保護する必要があります。
  ・ポリッシャーでパットは使わないでください。
  ・ワックスのようにバフィングは行えません。
  ・施工後、ワックスは塗布しません。
  ・足跡、キャスター跡など美観にこだわる箇所では汚れて見える場合があります。
  ・フラットであった場合に比べ、砂埃など清掃が少ししづらくなります。

2.保証はお付けしていません。
  ・SGSと同様、責任施工ですが、GFには保証をお付けしていません。
  ・耐用年数は、歩行頻度、床材の種類、歩行する履物、キャスターや箱などの引きずりなどにより大きく左右されます。